夏の水引(文化教室のお知らせ)

9883BCCE-602C-40AF-81FF-27362C005A97

終了しました。三時間の長丁場になり、ご参加くださったみなさまに感謝。終了間際はすっかりはまってくださり嬉しく。これからもぜひ結んでください。また不定期で教室を開催して行かれたらとおもいます。ワークショップ後は、百窓文庫の常連さんらも加わり、こうべみなと海上花火大会を見ました。美味しいものがたくさん揃い、きれいな花火と楽しいおしゃべりの宴で、こちらも感謝です。

みなさま、よい夏を。

#写真はInstagramに少し掲載しました(花火の写真はお客様にお借りしました)

***

8月3日の15時半から(2時間)になりました、お気軽にお問い合わせ、ご参加ください!

(参加費は千円で材料代、基本の結びを練習してマスターします、楽しいですよ!)

***

水引は日常生活にさりげない彩りを与えてくれる清潔な美しさだと考えています。

おつかいものやおともだちにアクセサリや栞を作ってプレゼントしています。

水引に触れれば触れるほど折紙に触る感覚に似ていることに気付かされます。

わたしの専門の服飾文化の関連で紐のことをずっと調べていますが、水引はいわば紙を縒って作るひも。

日本の伝統の奥深さをからだで感じながら楽しく遊ぶことができたらとおもっています。

左利き、お子様、殿方、歓迎。

日時:6月と7月の土日の午後2ー3時間で調整して開催していきます

*hundredswingのgメールか、こちらのメッセージ(非公開)で参加ご希望の旨お知らせください、参加希望者全員で日時の調整をしていきます

場所:三宮ー元町近辺(参加人数によって決定、基本的に非公開)

受講料:1000円から1500円 (材料費込み、工具もお貸しします)

定員:4名から8名まで

初回は基本の結びを完全にマスターし、応用を一つから二つ体験します。もし時間に余裕がある場合、あるいは二回目以降でご希望に応じて、自分でデザインをし、色を選んで作りたいものを決めて完成。

みんなで楽しく結びましょう。ご連絡お待ちしております。百窓娘 拝

*材料費ほどで気楽に参加して頂く主旨のお教室のため、特にお茶とお菓子の時間を今回はもうけていませんので、必要に応じてご自分でご準備ください。

0AC5DB89-ED80-41C0-A1D6-59EFC13BF053

 

 

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

泳ぐ本、海は繋がっている (終了御礼)

0249E713-8D11-4708-97F6-B9847BBD80BF二日間の百窓市は無事に終了致しました。

みなさまどうもありがとうございました。

***

今朝は目が覚めたらもう市のフライヤーを配らなくてもいいことに気づき、安心したような寂しいような不思議な心持ちでした。

観光客で賑わう春の北野でしたが、お客様のほとんどが知った顔の方々でした。ご多忙のところ、また大型連休のさなか、久しぶりにお会いできた方、そして新しく出逢えた方、みまさま、坂を上ってお越しくださり、本当にありがとうございました。

ご来場頂いた、お買い上げも頂いたお客様はもちろんですが、ご著書を持参くださったりご署名に来てくださった著者の方々、また市の宣伝の協力をして頂いた方々にもお礼申し上げます。出店者のみなさんも長らくお付き合い頂き、よい本をご準備くださり感謝しています。

小さな市でしたが、お話を頂いてから全身全霊で企画と準備に奔走してきました。開催日には体力が限界に来ていてふらふらして頭もぼうっとしていましたが、頼りになる出店者の方々がてきぱきと什器を設営したり重い物を運んでくれて本当に心強かったです。

(今回ご参加は叶いませんでしたが、わたしが憧れて尊敬する古書店店主の方に、ほぼベストメンバーに近い、と励ましのお葉書をくださり、それをお守りにしていましたが、仰る通りだったのでしょう)

こころ残りは二日目の終了予定一時間前に雨が降り出し撤収せねばならず、わたしが一番楽しみにしていたのではないかともおもうセロさんの青空美眉散髪をお願いできなかったこと、そしておそらく撤収後すぐに到着していたはずの最愛の妹に会えなかったことでした。

一冊でも多く一人でも多くの人に本が動いて渡っていきますように。

百窓市での沢山の笑顔を思い出しながら。

祈るようにジュゴンを和紙で折りながら。

娘拝

*写真は追ってインスタグラムでアップしていきます。どうぞご覧ください。

https://www.instagram.com/hundredswing/

(有名な方は仕方がないですが個々のお名前や説明はなしにして、できるだけプライヴァシーに配慮して掲載しています。問題がある場合はお知らせください)

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

百窓文庫背水の陣、カムバック百窓市へ、ようこそ(4/28-29)。

続きを読む

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

アトリエ箱庭

 

1/2013年以降に出逢った大切な一冊

「家庭の医学」 レベッカ・ブラウン

2/2013年以降に出逢った大切な一枚

「Through the Looking Glass」 高田みどり

3/最近の平均睡眠時間

6時間

4/好みの動物

犬 リス

5/オススメのパン屋さん

タカギベーカリーの惣菜パン(大阪 西区)

6/お客様にひと言

今回は大阪 心斎橋にある表具材料店 近安渡辺商店さんの奥の間から

70年代の鶴屋八幡発行『甘辛春秋』なども一緒に箱に詰めました

北野坂のお散歩がてら、楽しんでいただければと思います。

8AC50606-A4B4-4A59-94C5-811A2CC07A59

*アトリエ箱庭の幸田さんには以前百窓文化教室で数寄屋袋の講師をして頂きました。その際の会場になっていたところで、裂地を提供していただいた近安渡辺商店さんで在庫セールが始まっています。わたしも大ファンのお店です。ちなみに、今回の市の出品者でもある三浦さんの御朱印帳の柄(一番左の三味線の破れ駒)も近安さんの裂地です。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

café de poche

cafe de poche(文責:cdp-k)

1  2013年冬以降に出逢った大切な一冊
港野喜代子 著『凍り絵』(編集工房ノア)

2  2013年冬以降に出逢った大切な一曲/一枚
大切といえるのは、むかし出逢った古いものです。

3 最近の平均睡眠時間
6時間

4 好みの動物

5 オススメのパン屋さんとそのパン
ボンボランテの食パン

6 お客さまに一言
気に入っていただけると幸せです

※写真は第一回の時にご提出してもらったものです。

kotoko

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

本を作るこころ(美しい帳面)

 

百窓市について聞かれて説明をするときに、出店者のみなさんは本がないと生きていかれない人たち、と思わず口から出たことがあります。

アトリエ箱庭さんも製本をされますし、本と。さんも製本されると記憶しています。百窓文庫の文化教室でも和綴じ製本のワークショップを開催し好評でした。

今回の市でも、本を作るこころを大切に、またお客様と分かち合いたいとおもいます。

本を作る人の強い味方になる素晴らしい著作も多い東京の美篶堂さんの、限定色のコトノハノート、豆本カードスタンド、ブロックメモ、を、神戸では海色(東京では空色)として、市では委託で販売させていただきます。

製本教室の講師をつとめて頂いた製本家の三浦さんのご朱印帳もお願いして作成して頂きます。生地のカスタマイズも可能かもしれません。当日直接先生にご相談してみてください。

わたしは美篶堂さんの商品のファンで実際使わせて頂いています。三浦さんの御朱印帳も同様で贈り物などにも最適です。主催者が惚れているものしか扱いませんが自信をもってお薦めできます。

 

 

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

キッシュの試食を

 

出店者コリノズさんより、キッシュの試作品を頂き、試食させていただきました。

当日は三種類の食べやすいサイズのキッシュを低価格で提供してくださいます。

わたしはふだんほとんどお肉を食べません。こちらはヴェジタリアン向けキッシュです。

ナスとトマトとチーズとタマゴが入ったカレー風味で美味!市のためのスペシャル。

お店の定番の、ベーコンとじゃがいも、ソーセージとほうれん草も、もちろん食べられます。

大好きなヴェルヴェーヌのお茶で頂きました。ごちそうさまでした。お楽しみに!

51D9D25F-1A63-431D-B115-2B37B42C2222.jpeg

コメントする

カテゴリー: Uncategorized